お子様の名付け、成人の改名からお店の名付けまで

よろず名付けと改名のブログ

名前について 命名・改名ブログ

赤ちゃんの名前が決まらない。そんな場合の名付け方とは?

更新日:

名前は、親が子どもに与える最初で最大のプレゼントです。
どの親も子どもの幸せを願ってよい名前を付けようと一生懸命考えるでしょう。
しかし、考えれば考えるほど、迷ってしまって決まらないという方もいると思います。
そこで、今回は赤ちゃんの名付けが決まらない場合の対処法をご紹介しましょう。
今は、「名前もオンリーワンでなくては」と思っている方もいると思います。
しかし、個性的な名前がよいとは限りません。
また、どうしても意見がまとまらない場合の対処法もご紹介しましょう。
これから赤ちゃんが生まれるという方は、ぜひこの記事を参考にしてみてくださいね。

目次

  1. 名前はいつまでに付けるの?
  2. 名前に流行(りゅうこう)はあるの?
  3. よい名前とはどんな名前?
  4. 赤ちゃんの名前が決まらないときの対処法とは?

1.名前はいつまでに付けるの?

赤ちゃんが生まれたら、14日以内に出生届を出さなければなりません。
しかし、逆に考えれば14日間は名前を考える猶予(ゆうよ)があるのです。
また、予定帝王切開などしばらく母親の入院が長引きそうな場合は、事前に出生届の延長を申し出ることもできます。
名前は一度役所に届け出て受理されてしまうと、改名はとても大変です。
ですから、「14日しかない」ではなく「14日もある」と考えて赤ちゃんの名前を考えましょう。
あせる必要はありません。

2.名前に流行(りゅうこう)はあるの?

洋服のように年ごとに変わるわけではありませんが、名前にも流行(りゅうこう)があります。
女性の名前ならば、昭和の中ごろまでは「子」がつく名前が多かったですね。
現在は「愛」や「美」「結」などがよく使われています。
また、昔からある名前のことを「シワシワネーム」と呼んだ新聞記事が、物議をかもしました。
また、名前は漢字にどのような読み方を当てても問題ありません。
ですから、「葵」と書いて「メロン」と読ませたり「翔」と書いて「すかい」と読ませたりする名前も実在します。
しかし、あまり個性的すぎる名前は赤ちゃんが大きくなるにつれて、苦労も多くなるでしょう。

3.よい名前とはどんな名前?

では、よい名前とはどのような名前なのでしょうか?
答えは人によって異なると思います。
でも、多くの人が「よい名前ですね」と思ってくれる名前はどんなものでしょうか?
この項では、よい名前が持つ特徴をご説明します。

3-1.読みやすく、書きやすい

名前は生涯に何度も呼ばれたり書いたりします。
その度に間違われたり、書きにくかったりするとだんだん名前が嫌になってくるかもしれません。
個性的な名前が悪いというわけではありませんが、通常ではまず読まない読み方を当てたり画数が多すぎたりする漢字は避けた方がよいでしょう。

3-2.平凡な名前はよい名前?

個性的でオンリーワンの名前を付けてあげたい、と願っている親は少なくないでしょう。
しかし、平凡な名前が悪いわけではありません。
むしろ、多くの人が「よい名前だ」と思ったからこそ、たくさんの赤ちゃんに同じ名前がつけられるのでしょう。
日本は諸外国に比べて、名前の種類が多いです。
漢字、ひらがな、カタカナと3種類の文字が使える上に、同じ漢字を使っても、読み方は替えられます。
選択肢が豊富な中で選ばれるということは、それだけよい名前ということでしょう。
ですから、「同名がいない名前」にこだわりすぎなくてもよいのです。

3-3.男女の区別がつきやすい名前

男性にも女性にも使える名前は昔からあります。
しかし、男女の区別がつきにくい名前というのは、地味に不便です。
たとえば、自治体から間違って逆の性別用の案内がきたりすることもあるでしょう。
男女どちらとも使える名前は、漢字で男らしさ女らしさを表してあげるとよいですね。

4.赤ちゃんの名前が決まらないときの対処法とは?

それではいよいよ、赤ちゃんの名付けが決まらないときの対処法をご紹介しましょう。
家族の間で意見が分かれた場合にも有効です。

4-1.赤ちゃんの顔を見て決める

今は、出生前に性別がほぼ判明します。
ですから、生まれる前から名前を考えている方も多いでしょう。
しかし、どの名前もピンとこないという場合は、赤ちゃんの顔を見て決めるとよいですね。
赤ちゃんの顔を見た瞬間、名前が思い浮かんだという人もいます。
いくつか候補があって絞りきれない、という場合もお勧めですよ。

4-2.両親の漢字から1文字をもらう

漢字がなかなか決まらない場合に、有効な方法です。
親が慣れ親しんだ漢字なら、書きやすさや読みやすさもよくわかっているでしょう。
また、漢字が1字でも決まれば選択肢も絞れてきます。

4-3.画数で決める

赤ちゃんの名付けを考えるとき、姓名判断をする方は多いでしょう。
姓名判断は、名前の画数からその人が送りやすい人生を予測するものです。
絶対に当たる、とはいい切れません。
しかし、「よい人生を送る可能性の高い名前」を付けたほうが、いざというときに運気に恵まれる可能性が高いのです。
名前は決まったけれど、漢字に複数の候補があるという場合にお勧め。
名字との相性も考えて決めましょう。

4-4.決定権は両親にある

赤ちゃんの名付けに、両親の親が口をはさむことは珍しくありません。
中には「絶対この名前にしなさい」といってくる人もいるでしょう。
赤ちゃんの名付けをきっかけに、嫁と婚家の親の仲が悪くなったということもあるのです。
今の60代、70代の方はまだ「年長者の意見に若者は黙って従うもの」という意識が強い人も多いでしょう。
しかし、赤ちゃんを育てるのは両親です。
責任を負うと同時に権利もあります。
ですから、赤ちゃんの名付けなど、子どもの人生に大きなかかわりを持つことは両親が決めてください。

4-5.第三者に名付けを頼む

家族の間で意見がまとまらなかったりよい名前が思いつかなかったりしたら、第三者に名付けを依頼する方法もあります。
昔から、菩提寺(ぼだいじ)の住職に名付け親になってもらったりすることは、珍しくありませんでした。
現在は、命名を引き受けてくれる専門家もいるのです。
赤ちゃんの名付けのほか、改名や芸名の相談にも乗ってくれます。
画数もよく、専門家に付けてもらった名前だといえば、皆納得するでしょう。

4-6.一度名前のことはすっぱり忘れる

一日中赤ちゃんの名前ばかり考えていると、煮つまってしまいます。
出産や出生届を出す期限までに時間があるのならば、一度名付けのことは忘れてしまいましょう。
別のことに集中していると、ふっとよい名前が浮かぶかもしれません。

おわりに

いかがでしたか?
今回は赤ちゃんの名前が決まらない場合の対処法を紹介しました。
まとめると

  • 生まれてからも14日の余裕があると考えて、あせらない。
  • 両親の名前から1文字漢字をもらってもよい。
  • 漢字の候補が複数ある場合は画数で決めよう。
  • 名前はできるだけ両親が付けよう。
  • 第三者に依頼するという方法もある。

ということです。
今は、キラキラネームと呼ばれる個性的な名前を持つ人が改名したいと裁判所に申し出るケースが増えています。
オンリーワンも大切ですが、人名にふさわしくない名前やかわいいだけの名前は避けましょう。
赤ちゃんは子どもになり、やがて大人になります。
小さいときのイメージだけで名前を付けると後悔するでしょう。
また、ハーフでもないのに欧米風の名前を付けるのもお勧めできません。
欧米風の名前を付けたからといって、国際的に活躍できる人になるとは限らないのです。
もし、どうしても個性的な名前を付けたいと思ったら、自分がその名前で呼ばれたときにどんな気持ちになるか、考えてみましょう。

-名前について, 命名・改名ブログ

Copyright© よろず名付けと改名のブログ , 2018 All Rights Reserved.