お子様の名付け、成人の改名からお店の名付けまで

よろず名付けと改名のブログ

名前について 命名・改名ブログ

名前を変えたい人必見! 改名を成功させる方法とは?

更新日:

名前は親が子供にあげる最初のプレゼントと言われています。
しかし最近は名前への思い入れが少々強すぎる親が多くなり、「名前を変えたい」と改名を望む方が増えているのです。
でも戸籍の名前変更はとても大変というイメージがありますね。
そこで今回は名前を変える方法をご紹介します。
「自分の名前を変えたい」という方や「できれば戸籍から名前を変更したい」という方はぜひ読んでみてください。

1. 名前を変えたい人が増えている?

今、名前を変えたいという人が増えているそうです。
それはいったいなぜでしょうか?
この項ではその理由をいくつかご紹介していきます。

1-1.読みにくい名前はストレスになる

最近は個性的な名前の子供が増えていますね。
読み仮名をふってもらわないと読めない名前も珍しくありません。
こんなふうに読みにくかったり華やかすぎたりする名前をキラキラネームと呼ぶそうです。
実り多き人生を歩んでほしいという親の願いもわかりますが、あまりに読みにくい名前は本人にとっては大変なストレスになってしまいます。

1-2.男女がわかりにくい名前は混乱を呼ぶ

読みにくいだけでなく、男女の区別がつきにくい名前も多くなってきています。
昔から『まこと』や『かおる』など男女どちらにも使われる名前はありましたが、女性なのに男性によく使われる名前であったり、男性なのに女性に使われることの多い名前という場合には混乱を呼びやすいのです。
たとえば、試験を受けたり申し込みをしたりする時に頻繁に性別を間違えられたら訂正するのは大変ですし本人も辛いでしょう。

1-3.キラキラネームは就職試験に不利?

ここ数年の間に「キラキラネームは就職に不利」という考え方が広まってきています。
漢字の意味も考えず字面や音が良いというだけで名前を付けると、親の教養まで疑われてしまうということなのだそうです。
企業の人事課でも「あまり難解な読み方をしない名前の人のほうをできれば採用したい」という意見が多いといいます。
このような意見や考え方を受けて、キラキラネームをつけられた人が改名をしたいと思うことも多いのですね。
また、フリガナ無しで読めない名前は『名前鬼門』の一つに当てはまります。子供の名付けの際にはできるだけ避けましょう。

2. 戸籍上の名前を変えられる条件とは?

戸籍上の名前を変えるにはいくつかの条件があります。
この条件を満たさなけければ改名は許可されません。
ではその条件とはいったいどのようなものなのでしょうか。
代表的なものをご紹介しましょう。
ちなみに「運気を上げるため」「姓名判断で今の名前が良くないと分かった」などの理由は許可されませんので注意してください。

2-1.長年通名として利用し続けていたり長年慣行されてきた名前を襲名した場合

作家のペンネームやタレントの芸名、さらに歌舞伎役者の襲名などもこれにあたりますね。
また、親につけられた名前が不満で自分で名乗った名前を長年使用している場合も同様です。

2-2.珍奇・難解・難読な名前で社会生活に困難を感じた場合

キラキラネームの方はこの条件が当てはまりますね。
社会生活に困難を感じる場合とは前述したようにしょっちゅう名前の読みや性別を訂正しなければいけなかったり、就職活動で不利になったりしたなどです。
また、名前が原因でいじめや差別があった場合も改名できる条件に当てはまります。

2-3.その他

この他の改名の条件としては、「僧侶や神官になったという場合」や「外国人が帰化をしたという場合」「家族や住んでいる地域に同姓同名がいて生活に支障が出るという場合」「性同一性障害と診断されて名前と性別に違和感がある」という場合などがあります。
こうして挙げてみると、改名したいと考えている人には何らかの条件が当てはまっているということが多いでしょう。
他人から見れば「こんなことぐらいで」と思うことでも本人が苦痛を感じていることも少なくありませんからね。

3. 戸籍上の名前を変える手続きのとは?

では、実際に戸籍上の名前を変える手続きはどのように行えばよいのでしょうか。
この項ではその流れをご説明していきます。
戸籍上の名前を変えるということは、その人の情報を書き替えるということですので、やはり簡単にはいきません。

3-1.家庭裁判所に改名申請をする

改名の手続きの第一歩は家庭裁判所に改名申請書を送り、申請を受理してもらうところから始まります。
申請はインターネットでも行えます。
この時の文章は裁判官の心証をよくするようなものであるほど好ましいです。
また、法的書類を作成する知識も必要ですので、ひとりでは難しいと思った場合は行政書士などの専門家の手を借りても良いでしょう。
ちなみに改名申請は15歳以上ならばひとりで行えます。
それでも親が付けてくれた名前ですから、改名する際は相談をするようにしましょう。

3-2.裁判所への呼び出し・審判

申請書が受理されてから1か月以内に家庭裁判所の呼び出しがあります。
しかし、時には呼び出しがなくそのまま結果が郵送されてくる場合がありますので、改名申請をして1か月以内はポストを注意深く見ていましょう。
指定された日時に家庭裁判所に行くと、審判があり色々と質問をされます。
この時に長年通名として名前を使ってきた証拠などがあれば持参してください。

3-3.審判の結果を受け、許可証を受け取る

審判の結果、改名をするのに正当な理由があると認められれば名前の変更を許可する証書が発行されます。
この証書をもって役所へいって手続きをすれば無事戸籍からの名前が変更できます。
つまり、最低でも改名までには2か月程度の時間が必要なのですね。
また、審判の結果「改名が許可されない」ということももちろんあります。

4. 戸籍から名前を変えなくても大丈夫?

名前を変えるには、「戸籍から変更しないとダメ」と思っている方は多いですが、実は戸籍上の名前というのは使う機会がそれほど多くありません。
事実、芸人やタレント・作家の中には芸名やペンネームのほうが有名になり、戸籍上の名前はほとんど知られていないという方が多いです。
戸籍上の名前が必要な時は、役所に出す書類を製作するときや銀行口座を開くときなど限られているのですね。
ちなみに郵便貯金でならペンネームや芸名で口座を作ることもできます。
郵便物も郵便局へ届け出を出せば戸籍上の名前出なくてもきちんと届けてもらうことが可能です。
つまり、戸籍から名前を変えなくても日常生活を送るだけなら自分で新しい名前を名乗っても何の支障もないということですね。
会社などに就職する際は自分で名乗った通名を押し通すのは難しいかもしれません。
しかし、会社で呼ばれるのはほとんど苗字ですね。
下の名前を呼ばれるようなプライベートな付き合いの人だけ通名で読んでほしいと伝えてみるのはいかがでしょうか?
また、こうやって通名で生活する実績を積んでいると、戸籍から名前を変えやすくもなるのです。

4-1.運気を上げるために戸籍を変えることが必要?

運気を上げるためや、運命を改良したくて改名する場合、戸籍まで変える必要はありません。
その代わり、とにかく真剣勝負で、まずは自分自身が新しい名前を自分自身の心に焼き付け、それから周りのできるだけ多くの人たちに新しい名前で覚えてもらうことが大事です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は戸籍からの名前の変え方の方法などをご紹介しました。
まとめると

  • 今は名前を変えたい人が増えてきている
  • 名前を変えるにはいくつかの条件が必要
  • 名前を変えるためには家庭裁判所に申請しなければならない
  • 日常生活をつつがなく送りたいならば通名でも大きな問題はない

ということです。
戸籍から名前を変える人が増えたとはいえ、家庭裁判所に申請し審判を受けるというのはとても大変なことです。
また、戸籍上の名前というのは様々な記録の大本ですから、これを簡単に変えられては様々な不都合も出てくるでしょう。
改名者が多くなるにつれて改名の条件も厳しくなるかもしれません。
もし、あなたが自分の名前で様々な不利益を被ったり運気が下がっていると思うのならば、自分で通名を名乗ってみませんか?
前述しましたが、通名を利用し続けて時間がたつほど戸籍の改名もしやすくなるのです。

スポンサー広告

下着や車に…

『力ある強い開運力を秘めた名前』に、名を変えて、第2の人生のステージをスタートさせた、私と家族

「桜宮 史誠」は、幾つかの著書でも述べていますが…、
私が、小さいとき…、
近所の神社の宮司さまが、私を見ながら…、私の両親 に…

“ この子は、名前悪いー”
大人になって、必ず、大きな失敗をするー”
が、病む…ー ” と、

両親に耳うちされたことを…、
幾つになっても、忘れることが出来ずにいました。

私が、30歳を越えた頃…

急激に息苦しさと、心臓の鼓動が激しくなり、
 自分が勤務している、消防署の救急車で、病院に緊急搬送されたのです。

-名前について, 命名・改名ブログ

Copyright© よろず名付けと改名のブログ , 2018 All Rights Reserved.